twitterfacebook

俳句の部屋

創業者「長島百里」が愛した俳句の世界をお楽しみください。

 主観に生きるのは叙情句であり、客観に生きるの は叙事叙景句である。叙情句は例えば、月を見て悲 しくなったり、しんみりとしたり、面白おかしくな たりする。己の感情を吐露するものであり、叙事叙 景句は山水花鳥の姿に興趣を覚え、見た眼で本能の 持味を捉え用語を駆使してこれを描写するものであ る。叙情句は時に素晴らしい効果をもたらすときもある が、多くは自分だけが満足するいわゆるひとりよがりの 句が多く、読む者見る者に不可解なものが多い。俳 句という文学は庶民の中に生きるものである限り、 作った価値と喜びを自分だけのものにせず、読む者 見る者と喜びを共有してこそ、大衆の中に生きる文 学と言えるものだと思う。
 俳句は容れ物や、形を変えることで新しくなるの ではなく、十七文字のリズムと季感を尊重すること の鉄則を踏まえて、中身を新しくすることこそ現代 俳句なのである。




店舗情報mark店舗情報

お近くの店舗、販売処をご紹介致します。
店舗情報

商品のご紹介mark商品のご紹介

うす焼き煎餅のほか、詰合せなどもご用意しております。
商品のご紹介

古来から伝わる製法mark古来から伝わる製法

米からの生地作り、焼き上げまでをご紹介致します。
古来から伝わる製法

素材へのこだわりmark素材へのこだわり

完全無添加。原料の米と醤油についてご紹介致します。
素材へのこだわり